色の世界color

カラー(色)(色彩)とは・・・

「オレ~(olé)」闘牛士(マタドール)への掛け声が響くスペインの闘牛場。
闘牛士の手には、赤布(ムレータ)。
牛は、大地に爪を立て~その布に向かってまっしぐら!
はたして・・・
牛は、赤色を見て興奮しているのでしょうか?

答えは・・・NO!!!

ただ牛は、ヒラヒラしている布の動きに反応しているだけなのです。

牛の視覚は、「色」を認識する事が出来ません。
牛の見る世界は、犬と同様、モノクロの世界だと言われています。

赤布に興奮するのは・・・闘牛士、そして観客の方なのです。
もし、闘牛士の服装が、闘牛士の持つ布が「青色」だったら・・・
私たち人間は、どのように感じるとあなたは思いますか?

レッド 情熱 心理カウンセリングカラー ヒプノ 数秘術ヌメロロジー NLP コーチング by 東京慈心舎マイトリーマインドアカデミー

「十人十色」という”四字熟語”が日本にはあります。

人は、それぞれ個性がある・・・
私たち、ひとりひとりは、自分の色を持っている。という意味ですよね。

そして、色に掛かる言葉としては→「色っぽい」「艶っぽい」「色気」
あなたも、そんな言葉を使ったり、聴いたことがありませんか?

上記のことから考えても
色とは、世界万国共通の言語と言えるのではないでしょうか?!

地球という環境に暮らす人間たちが、無意識に感じる色=カラーの知識やメッセージ。

色の存在である=あなたが選んだ「色=カラー」。

btn_order_2

btn_お問い合わせ

成倖カウンセリングご予約はコチラ

お問い合わせフォーム